『あるあるで学ぶWebマーケティング』Web担当の雰囲気を知る – 本の感想・評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は『あるあるで学ぶ右肩上がりのWebマーケティング』を読みました。

 

「Webマーケティングって何? 普通のマーケティングと何が違うの?」というのが気になって手に取った本です。

 

しかし、Webマーケティングは結構薄めでした。

Webマーケティングというよりは、企業のWeb担当者の仕事や、Web制作の現場の雰囲気を知るための本です。

 

読みやすくて良かったのですが、タイトルと内容にズレがあるように感じられたので、辛口評価です。

基本情報

タイトル あるあるで学ぶ右肩上がりのWebマーケティング
個人評価 3 / 10
著者 山道 正明

目次

  • CHAPTER 1 Web担当者になったときのあるある
  • CHAPTER 2 サイト制作・リニューアルのあるある
  • 

CHAPTER 3 コンテンツ作りのあるある
  • 
CHAPTER 4 日々の運営とレポートのあるある
  • CHAPTER 5 PDCAとビジネス成長のあるある

一言感想 / こんな人にオススメ!

一言感想

右肩上がりの要素はないけど、Web担当者の仕事の雰囲気はわかる。

こんな人にオススメ!

  • Web担当者になったけど、何をしたらいいかわからない人。
  • Webって何となくきになるけど、何なのかよくわからない人

オススメなところ!

「あるある形式」なので読みやすい

とっつきにくいWebの世界。

それが「あるある形式で読みやすくまとめている」ので、初心者でも読みやすい本です。イラストも豊富でいい感じです。

 

一例として「サイトの引き継ぎ資料がない。前任者に聞いても「記憶にない」」なんてものがあります。

ちょっとでもWebを知っている人なら「あるある」ってなっちゃいそうですね。

初心者向けに言葉を選んで書かれていて読みやすい

こういった実用書は、専門用語が並んで読みづらくなりがちです。

 

しかしこの本では、きちんと初心者向けに言葉を選んで書かれているため、専門用語でつまづくこともありません。

イラスト豊富で、平易な文章で書かれているので、万人にオススメできます。

ザンネンなところ……

Webマーケティングについて深く書かれてはいない

既に書きましたが、タイトルと内容にズレがあるように感じられました。

『右肩上がりのWebマーケティング』と題打っていますが、あまり何かが右肩上がりになるような要素はなかったです。

何の右肩が上がるんでしょうね?

 

Webマーケティングの知識というよりは、Web制作やWeb担当者について書かれた本です。

「全く経験ないのにWeb関係の業務を任された!」って人に適した本ですね。

まとめ

  • Webマーケティングについてはあまり学べない
  • 売上向上につながる情報はない。誰の何の右肩が上がる本なのか?
  • 初心者向けに書かれていて、イラスト豊富で誰でも読める
  • 企業のWeb担当者になったけど、全く経験がなくて困った! という人にオススメ

ちょっと辛口評価になってしまいましたが。

「Webマーケティング」ということを忘れて、なんとなくWeb業界について知るために読む分には、優れた本だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*