【島根 揖夜(いや)神社】アクセスや黄泉比良坂との関係をまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

島根といえば出雲大社ですよね?

少し詳しい方は、八重垣神社や日御碕灯台を思い浮かべるかもしれません。

 

しかし、島根にはまだまだ穴場スポットが残っています。

「他の観光客とは少し違ったところをまわってみたい」という方におすすめなのが、今回おすすすめする揖夜(いや)神社です。

 

近くにある黄泉比良坂(よもつひらさか)も合わせて訪れれば、ちょっぴり特殊な経験が得られますよ。

揖夜神社のアクセスと地図

揖夜神社のアクセス

  • JR揖屋駅から徒歩10分

駐車場もありますので、レンタカーで訪れることも可能です。

揖夜神社の地図

島根県松江市と鳥取県米子市の中間あたりにあります。

島根の出雲大社などの主要観光地からは離れています。

 

空港から観光地に向かう間か、空港への帰り道などに寄るのがいいかもしれません。

揖夜神社の基本情報

揖夜神社の御祭神・御本殿・境内社

御祭神

  • 伊弉冉命(いざなみのみこと)
  • 大己貴命(おおなむちのみこと)
  • 少彦名命(すくなひこのみこと)
  • 事代主命武(ことしろぬしのみこと)

御本殿

大社造(御神座は出雲大社と反対向に御鎮座)

境内社

  • 韓国伊太神社(からくにいたてじんじゃ)
  • 三穂津姫神社(みほつひめじんじゃ)

揖夜神社に祀られた神様と見どころ

揖夜神社は大きな神社ではありませんが、その成り立ちを知っておけば楽しんでみることができます。

揖夜神社には伊邪那美命(イザナミノミコト)が祀られている

イザナミは女神です。男神のイザナギと惹かれ合い、おおくの子(神)を産みます。

しかし、イザナミは炎の神を産んだ時に火傷を負い、黄泉の国へいくことへなります。

 

死別してしまったのだから、普通はここで話が終わるのですが。

そこはさすがの神様たち、イザナギがぶっ飛んだ行動に出ます。

なんと、イザナギは黄泉の国までイザナミを迎えに行くのです。

 

しかしイザナミの体はもう生者としての姿を保っていません。

イザナミはイザナギに「決して姿を見ないでください」とお願いして、生者の国に戻るための準備を始めます。

 

しかし待ちきれなかったイザナギは、約束を破ってイザナミの姿を見てしまいます。

言葉を失うイザナギ。イザナミの身体は腐ってしまっていたのです。

 

怒ったイザナミは悪霊と化し、イザナギを追いかけます。

必死で逃げるイザナギは、大岩で黄泉の国への入り口を塞ぎ、ことなきをえます。

 

しかしこうして愛し合う二人は、引き裂かれ、お互いを憎しみ合うようになってしまうのです。

 

うーん、夫婦生活って、うまくいかないものですね。

 

この神話に出てくる黄泉の国への入り口とされる、黄泉比良坂(よもつひらさか)も、揖夜神社の近くにあります。

気になった方はこちらの記事もどうぞ。

【黄泉比良坂】島根観光の隠れた名所。アクセスや見どころを紹介【黄泉の国の入り口】

揖夜神社に祀られた神秘的な鏡

揖夜神社の中には、神秘的な鏡が祀られています。

 

「生と死」を強く感じさせる揖夜神社ですので。

そこにある鏡は異様な雰囲気を放っています。

 

見ていると今にも引き込まれてしまいそうになります。

怖くて正面から覗き込むことはできません。

 

裏から見るとこんな感じ。

揖夜神社の境内にある赤い鳥居

歴史的に古いものではないようですが、鳥居が連なったスポットがあり、くぐるだけでなんとなく楽しいですよ。

揖夜神社と黄泉比良坂の関係まとめ

揖夜神社と黄泉比良坂の関係

揖夜神社にはイザナミが祀られています。

そして、黄泉比良坂は「黄泉の国の入り口」と言い伝わる、イザナミとイザナギの神話と関係が深い地です。

 

揖夜神社にお参りして、イザナミとイザナギに思いを馳せ、そこから黄泉比良坂へ向かえば、楽しんで巡れるはずです。

 

黄泉比良坂には「天国の人へ手紙を送るためのポスト」が設定されています。

黄泉の国の入り口ですから。本当に届いちゃうかもしれませんね。

揖夜神社から黄泉比良坂へのアクセス

黄泉比良坂へは、揖夜神社から車で7分ほどです。

小さいですが、黄泉比良坂にも車をとめるスペースはあります。

 

徒歩だと20分ほどで着きます。

 

島根の隠れた名スポット「揖夜神社」と「黄泉比良坂」。

「メジャーな観光地だけだと満足できないよ!」って方は、ぜひ足を運んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*