在宅勤務(テレワーク)の昼ごはん・ランチがめんどくさい! 時短やダイエットに最適な解決策を解説

このような方のための記事です
  • 在宅勤務のお昼ご飯にどういった選択肢があるのか知りたい
  • 在宅勤務のお昼ご飯を手軽に済ませたい
  • 栄養バランスや健康にも気をつけたい
  • 運動不足になりがちなので食事面でダイエットしたい
うめ

フルリモートワーク(在宅勤務・テレワーク)を実践するうめです

在宅勤務(テレワーク)中のお昼ごはん、毎日何を食べるか迷うこと、ありませんか?

お昼休みは限られた大切な時間で、料理に割く時間はあまりありません。何を食べるか考える時間さえもったいなく感じることもあります。

また、在宅勤務をしているとつい運動不足になりがちです。

手軽に済ませたくなる一方で、健康やダイエットを意識した食事も心がけたいですよね。

この記事では、在宅勤務中のお昼ご飯について、時短やダイエットにおすすめな方法をご紹介します。

在宅お昼ご飯のキーワードは「時短」と「健康」

目次

在宅勤務(テレワーク)の昼ごはん・ランチがめんどくさい理由

昼休みは時間が限られる

1時間の間で買い出しや料理は難しい

勤務中のお昼ご飯は、もちろんお昼休みに取ることになりますが、ほとんどの会社では1時間程度しか取れません。

在宅勤務であればもう少し柔軟に時間を取れるかもしれませんが、お昼の前後にも作業やWEB会議が入ると、やはり長い時間休むことはできません。

そんな中で食事の準備に時間をかけていたら、ゆっくり食べることもリフレッシュすることもできなくなります。

そうしたことから、比較的ゆっくりと時間をかけられる夕食と比べて、どうしても「在宅勤務のお昼ご飯はめんどくさい」と感じることになります。

うめ

せっかくのお昼休みはゆっくり過ごしたいですよね

一緒に食べる人がいない

在宅勤務中は、オフィスと違って周りに同僚がいないため、食事の準備に対するモチベーションが下がりがちです。

同僚と連れ立ってランチを食べに行く文化に慣れている人であれば、家で一人で食べるのはつまらないと感じる人もいるでしょう。

仕事モード中に料理はしづらい

朝食や夕食は仕事の前後で食べるため気になりませんが、お昼ご飯は仕事中に取るものです。

もちろんリフレッシュするための休み時間でもあるのですが、中にはお昼ご飯中も考え事をしたり、資料を読み込んだりメールを返したりといった簡単な作業を行う人もいます。

そうすると、勤務中にお昼ごはんのことを考えるのは「めんどくさい」と感じます。

出社と違ってすべて自分で考えなければならない

オフィスに出社している時は、意外にもお昼ご飯に迷うことは少ないです。

行きつけのコンビニやお店があったり、お決まりのお弁当ワゴン販売があったりして、何を食べるか選ぶだけで済みます。

しかし在宅勤務では、そういった環境はなく、毎日お昼ご飯をどうするか自分で考えなければいけません。

在宅勤務(テレワーク)の昼ごはん・ランチで起きる問題

食生活の偏り・栄養不足

出社時のお弁当や外食では、食べすぎによるカロリーオーバーのリスクはありますが、メニューは多く様々な栄養は取りやすい環境にあります。

在宅勤務の機会が多いと、どうしても食事のバリエーションが減り、冷凍食品やインスタント食品に頼ることも増え食生活が偏ることがあります。

手軽な食事に頼ることが多いと、必要な栄養素が不足しがちです。

特に、ビタミンやミネラル、たんぱく質など、体の維持に必要な栄養が十分に摂れていない場合があります。

在宅勤務の場合は、自分の好きなものばかり食べたり、時短にだけこだわったりして、適切な栄養を取れないリスクがあります。

過食(カロリーオーバー)に陥る

インスタント食品が増えると、栄養の偏りだけではなく、カロリーオーバーになり太りやすくなります。

また、お昼ご飯だけでなく、お菓子なども常備しやすい環境で、つい働きながらいろいろなものを食べてしまうようであれば注意が必要です。

昼ごはん・ランチの「めんどくさい」を解決する方法

常備できる食品の活用

在宅勤務中の昼食に「めんどくさい」と感じるのは、調理にかかる時間と労力です。

常備できる食品を上手に活用することで、この問題を解決することができます。

たとえば、缶詰・レトルト・冷凍食品などは、保存が効く上に準備も簡単です。

開けるだけ、電子レンジで温めるだけ、で食べられるものをできるだけ家にストックしておくことをおすすめします。

ちょっとした手間をかければ、冷凍の焼き魚や野菜ミックスなどを使って、バランスの良い食事を短時間で準備することができます。

出前や外食の利用

簡単なものですら自分で用意するのがめんどくさい時に

最近では、多様な料理を提供するフードデリバリーサービスが増えています。

ファストフードだけでなく、健康を意識したサラダボウルやオーガニック料理を提供する専門店からも、手軽に食事を注文することができます。

また、近くのレストランに短時間で外食に行くことも、気分転換になり効率的です。

時短レシピの活用

簡単で早く準備できるレシピを事前にいくつか学んでおくことで、調理の負担を大きく減らすことができます。

例えば、10分以内で完成するパスタ料理、炒め物、サンドイッチなどが挙げられます。

さらに、サラダチキンやボイルドエッグのような、事前に準備しておける食材を使ったレシピも効果的です。

週末や前日に食材を買っておくことで、当日のお昼休み中に買い出しへ行く必要もなくなります。

ダイエットに最適な在宅お昼ごはん・ランチ

ここからはもう少し具体的に在宅勤務(リモートワーク)に最適なお昼ご飯をまとめていきます。

まずは、運動不足になりがちな在宅勤務におすすめな、ダイエットに最適なお昼ご飯からご紹介します。

完全栄養食(パン・パスタ)

「時短」「栄養バランス」「満腹感」のすべてを得られる

普通のパンと比べると割高に

完全栄養食とは『公的機関が策定した食事摂取基準に基づき、1食に必要な栄養素がすべて必要量以上含まれる食品』のことです。

ダイエット中の在宅勤務者にとって、完全栄養食は非常に便利です。

お昼の一食を栄養パンに置き換えることでカロリーコントロールも容易で、ダイエットになります。

パンやパスタをベースにした完全栄養食は、必要な栄養素を全て含む一方で、満腹感もしっかり得られます。

また、調理の手間もないため時短になり、お昼休み時間の一部でサッと食事を済ませることができます。

BASE FOODは「食事パン、菓子パン、パンケーキ、パスタ、クッキー」など、様々な完全栄養食を提供しており、定期宅配で気軽に購入できるため在宅勤務者には最もおすすめできます。

完全栄養食は通常より割高になるのが欠点ですが、定期宅配の継続コースにすると割引価格で購入でき、初めての方向けの初回特典も用意されています。

うめ

実際に私もBASE FOODの定期宅配を利用しています

これまでいろいろ試してきましたが、BASE FOODは完全栄養食の中ではかなり美味しいです。

ただ、やはり美味しさだけを求めた菓子パンに比べると食感が固く少し見劣りしてしまいます。

レンジで20秒程度温めると柔らかくなり食べやすくなりますし、スープに浸して食べる等すれば、さらにおいしく栄養を取ることができます。

なぜ完全栄養食がダイエットに良いか

完全栄養食は、バランスよく設計された栄養成分を含んでいるため、食事によるカロリーオーバーを防ぎます。

通常の食事では、どうしてもカロリー計算や栄養バランスが偏りがちですが、完全栄養食はこれを科学的に解決しています。

さらに、サラダやスムージー等への置き換えに比べると、完全栄養食は満腹感を得やすいため、無意識の間食や過食を防ぐ助けとなります。

このように、完全栄養食はダイエットをサポートするだけでなく、健康的な生活習慣を維持する上でも役立ちます。

その他の在宅お昼ごはん・ランチ

完全栄養食(パウダー・ドリンク)

完全栄養食のパウダーやドリンクは、忙しい在宅勤務の日に最適

こればかり飲んでいるとお腹を下すことも

準備がほとんど不要で、水や牛乳に混ぜるだけで、必要な栄養を全て含んだ食事が完成します。

これは特に、栄養のバランスを取りつつ時間を節約したい人にとって、非常に便利な選択肢です。

「時短と健康」という点では最強の選択肢です。

飲み物ではありますが、けっこうお腹にたまり、食事をしたのに近い満足感を得られます。

一つ注意点として、固形物がないためか、体質にもよるかと思いますがこれだけを飲んでいるとお腹を下してしまうことがあります。

3食ともこれに変えるのではなく、お昼ご飯の1食だけの置き換えがちょうどいいです。

パウダー型の完全栄職では実績のあるCOMPがおすすめです。

完全栄養食(市販)

美味しさと栄養を求めるならベストな選択肢

割高になり、まとめ買いの手間も

市販の完全栄養食は、バラエティに富んでおり、飽きることなく続けることができます。

バーやレトルトのものから選べ、忙しい中でも手軽に食べられるため、在宅勤務の昼食にぴったりです。

大手食品会社の日清食品が「完全メシ」というブランド名で様々な商品を発売しています。

ただ、かなり割高になり、スーパーなどでまとめ買いする手間がデメリットです。

「完全メシDELI」という宅配タイプの冷凍完全メシも提供されていますが、冷凍庫の場所を取る、割高になるという点ではデメリットです。

値段は気にせず、栄養バランスはバッチリな上で美味しいものを食べたい、という方におすすめです。

宅食サービス

宅食サービスは、健康的で栄養バランスが取れた食事を自宅に届けてくれます。

メニュー選択の手間が省け、毎日異なる健康的な食事を楽しむことができるため、食生活の質を向上させたい人には最適です。

大き目な冷凍庫が必要になること、飽きやすいことがデメリットです。

ただ、様々な大手企業の参入も増えており、たまに利用するサービスを変えて飽きやすさへの対策をすることもできます。

出前・宅配サービス

地元のレストランから直接注文できる出前や宅配サービスを利用することで、多様な食事を楽しむことができます。

忙しい日の昼食に、好きな料理を外食と同じ感覚で家で楽しむことが可能です。

「在宅勤務×出前」の組み合わせは、手軽さと美味しさという点で最強ですが、最も割高になりやすい選択肢でもあります。

毎日使うというよりは、たまにの自分へのご褒美として使うのがいいですね。

時短レシピ

事前にいくつかの時短レシピを学んでおくことで、数分で美味しいランチを作ることができます。

例えば、クイックパスタやワンプレートランチは、準備の時間を最小限に抑えつつ、食事を楽しむことができます。

ハウス食品が在宅勤務・リモートワーク中のお昼ご飯レシピを公開しています。

また、レシピのレパートリーを増やしたければ、一般のレシピサイトの「時短」のレシピから選ぶのがおすすめです。

数百にも及ぶレシピから、自分の好きなものを選んで作ることができます。

外ランチ(外食)

時々は自宅を離れて、近くのカフェやレストランでランチをするのも良い気分転換になります。

在宅勤務では、家に閉じこもりがちになり、人との会話も減るため、下手をするとメンタルが弱ってしまうこともあります。

少しの外出でリフレッシュ効果も高まり、午後の仕事の効率も向上するかもしれません。

朝の散歩やお昼の外食を生活に取り入れることで、ほどよく外に出る機会を作るようにしましょう。

常備食・保存食

缶詰、乾燥食品、冷凍食品などといった常備職・保存食を活用することで、栄養満点で手軽な食事をすばやく用意できます。

「ツナの缶詰」や「冷凍のブロッコリー」などは、たんぱく質豊富で低カロリーなためダイエットにもおすすめです。

この前におすすめした「時短レシピ」のサイトから、そうした食材を使ったレシピを見て、飽きがこないよう様々な料理を作ることができます。

まとめ

在宅勤務でのお昼ご飯は、少しの工夫でより簡単で健康的になります。

今回紹介した様々な選択肢を活用して、日々の昼食をもっと豊かで充実したものにしましょう。

在宅勤務では出勤に比べ運動量が減ってしまうため、食生活も合わせて改善することが欠かせません。

うめ

自分にとって最適なお昼ご飯を見つけて、快適な在宅勤務の生活を送りましょう

リモートワーク(在宅勤務)については、以下に詳しくまとめています。

一部の記事をご紹介
  • 従業員にとってのメリット・デメリット
  • リモートワーク(在宅勤務)に必要な環境
  • 初心者でもできる職種
  • 高収入な職種
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次